神社結婚式に関する情報サイト


神社婚に惹かれているなら

当サイトでは神社婚を考えている人たちにとって役に立つ、知っておきたい知識や関連する情報をご紹介しています。
神社での結婚式を選んだ人たちが神前式に決めた理由や、挙式での新郎新婦の衣装についても触れています。
さらに挙式後の披露宴はどうするのか、会場の選び方も紹介しているサイトです。
加えて人気の高い神社で挙式をおこなう場合のメリットも解説しています。
和婚を希望するのであれば、ぜひ参考にしてみてください。

神社婚を考えている人たちに役に立つ知っておきたい知識や関連情報を紹介

神社婚を考えている人たちに役に立つ知っておきたい知識や関連情報を紹介 神社婚に憧れがあるという人は多いのではないでしょうか。
もし神社で挙式をするのであれば、知っておきたい知識や情報を押さえておくことをおすすめします。
そもそも神社婚とは何かというと、神社でおこなう結婚式のことです。
神社でおこなう結婚式は、神前式と呼ぶこともあります。
各地にある神社で挙式をすることができるだけでなく、神殿が併設された結婚式場や挙式に対応しているホテルなどですることもできます。
神前式は両家の結びつきを重視した結婚式で、参列できるのは家族や親族のみです。
一般的に友人や会社関係の知人などを招待するのは、披露宴からとなります。
挙式費用はキリスト教式と比較すると、安く済むことが多いのが特徴です。

人気の神社婚や神前式の概要などについて解説します

人気の神社婚や神前式の概要などについて解説します 神社婚や神前式は、神社で挙式を挙げることをいいます。
チャペルで式を挙げるよりも少人数の参列者になります。
日本の伝統的なしきたりによって厳かにおこなわれるので、貴重な体験をすることができます。
神社婚や神前式では、チャペルでの挙式とは違って、お互いに盃をかわす三三九度や玉串拝礼などの儀式をおこなっていきます。
衣装は白無垢や打掛・綿帽子といった婚礼衣装になり、日本髪を結うことができます。
神様の前でこの先の人生を二人三脚で歩んでいくことを誓います。
三献の儀で同じ盃からお神酒を飲むことで、二人の絆が深くなる強まる実感をすることができます。
所作は、前もって神職や巫女が説明をしてくれるので、安心することができます。
初詣やお宮参り・七五三など結婚式を挙げた神社と長くお付き合いをすることができる点もメリットになります。
チャペルなどでの挙式の費用よりも神社婚や神前式は、安く抑えることができます。
だいたい神社によりますが5万円から15万円ほどで式をおこなうことができます。
披露宴などは神社の敷地内に施設があればおこなうことができる場合があり、そのような施設が無い場合は、提携しているホテルなどを紹介してもらえることもあります。

格式が高く伝統を重んじている神社婚の際の新郎の衣装

キリスト教式と同じように人気があるのが神社婚です。神社婚は神社で挙式が行われるものであり、大変格式が高く伝統を重んじている特徴があります。
新婦の衣装は白無垢が有名ですが、このほかにも色打掛や黒引き振袖などがあり、衣装そのものも楽しむことができます。
新婦は多くの種類がありますが、新郎の衣装は1つだけになります。新郎が結婚式で着ることができるのは黒五つ紋付羽織袴だけであり、江戸時代の武家社会において略礼装として使用されていました。
日本の伝統的な正装であるため、本来はしっかりと家紋がついていなくてはなりませんが、現代はそもそも黒五つ紋付羽織袴を持っている人が大変少ないので、レンタルを使用し、そこに家紋をつけるのが一般的になっています。
なお神社婚の後の披露宴では黒五つ紋付羽織袴ではなく、色紋付袴でも大丈夫です。色紋付袴は一つ格が低くなるものの、バリエーションが豊富であり、好みのものを選ぶことができます。
新婦が正礼装をしている場合は新郎も合わせるのが良く、2人の格がばらばらにならないように注意します。

神社婚にはゲストとして誰を招待するべきか

神社婚にはどのような間柄の人を招待すれば良いのか、と迷う人もいるのではないでしょうか。神社でおこなう神前式は、新郎の家と新婦の家との結びつきを重視しているのが特徴です。
神前式では親族盃の儀という儀式をおこないます。これは巫女によって注がれたお神酒を、親族一同が起立して3回で飲み干すというものです。
これにより2つの家同士が親族となるという意味があります。神社婚ではこのようなことがおこなわれることから、基本的に神社での神前式の場合には両家の家族や親族のみが参列することになります。
また神社の神殿にはそれほど広いスペースがないことも少なくありません。あまり多くの参列者を収容することができないことからも、家族や親族だけが参列出来るとされていることもあります。
とはいえ神社によっては家族や親族でなくても参列可能なこともあります。その場合でも、両家の人がお神酒を飲み干す親族盃の儀には参加できないのが一般的です。

神社婚では新婦の衣装として色打掛は相応しいのか

神社婚では新婦はどのような衣装を身に付ければ良いのか、という疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。和風の結婚式の場合、新婦は挙式では白無垢を着て披露宴では色打掛を着るということも多いです。
全身を白で多く衣装と、華やかで美しい色合い衣装はどちらもそれぞれ異なる魅力があり新婦を美しく引き立ててくれます。
しかし必ずしも挙式と披露宴で、このようなパターンが決まりとなっているわけではありません。白無垢は最も格の高い花嫁衣裳と言われていることから、神前式で着ることが多くあります。
その他の衣装で挙式をすることも可能で、衣装にこだわらず身内だけの場合などには平服を選ぶこともあります。
そういったことから、神社婚の挙式で新婦が色打掛を着ても全く問題はありません。室町時代以降、武家の女性にとっての礼装となっているこの衣装は白無垢と同格という位置づけです。好みによって披露宴だけでなく、神社婚の挙式に着用することもできます。

神社婚の申し込み方法について知っておこう

和装で日本らしい雰囲気が魅力の神社婚ですが、申し込み方法がわからないという人は多いでしょう。基本的な知識や流れを確認して迷うことなく契約をできるよう覚えておいてください。
神社婚の基本的な流れは4階あります。まず、ネットや雑誌で自分たちが式をあげたい場所を探すため情報収集をおこないます。写真や説明文から気に入ったら、祀られている神様を調べて会場見学へと行きましょう。
事前に、予約をしておくとスムーズにいきます。ただ、神社によって予約の窓口が違うので問い合わせをすると良いです。
神社の見学ができたら、拝殿を見に行き式場のプランナーと今後について相談していきます。プランナーと話す際、事前に質問を検討しておくとよいでしょう。
主な質問として、冷暖房の設備の有無と収容人数の確認や巫女の舞はあるかなどが挙げられます。相談の結果、気に入ったら神社と契約して日程をおさえてください。申し込みを行い、お金を払えば式に向けてスタートです。

神社婚をしたい場合に会場見学する方法とは

厳かな雰囲気が漂う神社の神殿で挙式をおこなうという、和風の神社婚スタイルで結婚式を挙げようと考えているカップルは多いのではないでしょうか。
日本風の趣き満点の神前式は、各地にあるさまざまな会場で行われています。例えば専門の結婚式場やホテル併設の神殿ですることが可能であるほか、一般の神社でもすることができます。
神社婚を決めて利用の申し込みをする前には、実際に会場見学に訪れて確認するのがおすすめです。専門式場やホテルの場合には、会場見学会やブライダルフェアが行われていることが少なくありません。
このようなイベントに参加すると、建物内部や挙式・披露宴会場を見て回ることが出来るので便利です。一般の神社の場合には、直接問い合わせをする必要があります。
直接訪問してしまうと対応できないこともあるので、事前に問い合わせておくことが大事です。披露宴会場が併設されているところでは披露宴会場も下見できることがあります。

スマート婚ブームの中神社婚が人気になって居ます

日本のサラリーマンの平均年収は400万円と言われるようになりました。
これは先進七か国の中でも最低ランクであり、もはや韓国や台湾にも抜かされてしまい、日本の国力の低下を顕著に物語っています。
そこで若い人たちは結婚しようとしても盛大な結婚式や披露宴を計画しません。
できるだけ費用を安く抑えるために、スマート婚を選択する人がほとんどです。
招待客を限定して絞ってコンパクトな会場にしたり、レストランや公民間を借りて行う人も居ます。
そして神社婚などもスマート婚ブームの中再び注目を集め、人気になって居るのです。
神社婚は、神社を借り切って伝統的な神道の儀式にのっとり結婚式を執り行います。
大手結婚式場で挙式披露宴をするよりもはるかに費用は安く、神社によっては結婚式場の三分の一以下の費用で執り行えることもあるのです。
しかも日本の伝統美である十二単や角隠し、白無垢などと言った婚礼衣装に袖を通せ、思い出深い式に成ります。

外国人観光客にも神社婚が人気になって居ます

いよいよアフターコロナの兆しが見えてきました。
飛行機や新幹線、バスにホテルや旅館の予約状況も満杯で、春休み委は日本人のみならず海外からも沢山の外国人観光客が日本にやってくることが予測されています。
インバウンドで特に人気のあるツアーとは、日本の伝統や伝統美に触れられるツアーです。
特に神社や寺院などに参拝に行くことは神秘的で人気が有ります。
神社はパワースポットともいわれスピリチュアルを信じる人は必ずと言って訪れ、幸運がもたらされるように祈願します。
最近では外国人が神社婚を執り行うツアーなども企画されるようになりました。
日本人がハワイで挙式するのと同じように、外人には人気でありとくに日本の伝統美である白無垢や角隠し、十二単に袖を通せることに喜ぶ人が多いと言われます。
神社婚では自国では目にしたことのないような独特で神秘的な宗教儀式を体験することもできます。
こうした体験こそが旅行の最大の思い出になってくれます。

神社婚には特別な服装マナーがあるのかどうか

神社婚を挙げる方の結婚式に列席する場合、どのような服装で行けば良いのか迷われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
実は神社婚だから特にこれと言った服装マナーがある訳ではなく、基本的には教会式などの洋装の時と同様の服装で構いません。
もちろん神社婚の雰囲気に合わせて振り袖などの和装で列席すれば新郎新婦には大変喜ばれますが、パーティードレスやスーツで列席する方も大勢いるため、わざわざ用意する必要まではないです。
最低限、新婦の婚礼衣装の色とかぶる純白のドレスは避ける、露出の高いものや派手すぎる服装は避けるなど、結婚式一般に共通する服装マナーを守ることの方が大切だと言えます。
もし和装で列席するなら何かと準備が大変になることが予想されるので、結婚式場で着付けやヘアセットを依頼できることもあるため活用するのもスムーズでしょう。
利用したい場合には新郎新婦に相談するか、結婚式場に直接問い合わせてみください。

神社婚の後に料亭やレストランで披露宴を行うメリット

本格的な神前式の結婚式を行いたい場合、結婚式場内にある神殿ではなく、神社婚を選択する新郎新婦もいらっしゃいます。
神社婚では神前式の一連の儀式しか行えないため、挙式後に神社から移動して披露宴は別の会場で行うのが一般的です。
神社によっては直営の会館を保有していて、そこで引き続き披露宴を行えることもありますが、自分たちの好きな料亭やレストランなどの会場を借りて行うケースも珍しくありません。
料亭やレストランで披露宴を行うメリットは、結婚式場や神社の会館よりも披露宴にかかる費用を抑えられることです。
基本的には食事を提供する場であることから、衣装やカメラマンなどの持ち込みが自由であることが多く、結婚式場や会館では必要となる費用の一部を節約することができます。
そのため、白無垢以外のドレスも着てみたい新婦の希望を叶えることができるでしょう。
また、ゲストにとっても美味しい食事をゆっくり楽しめるというメリットがあります。

神社婚ツアーが現代では外国人に人気になって居る

新型コロナ感染拡大は、我々の生活にたくさんの制限をかけてきました。
気軽に外出も外食もできなくなり、人がたくさん集まるアミューズメントや商業施設にも行くことが出来なかったのです。
もちろん密になる飛行機に何時間も乗ることが出来ないので国内はおろか海外旅行に出かけることもできません。
しかし感染拡大から三年が経過しようやくアフターコロナの兆しが見えてきました。
外国人観光客が日本にたくさん訪れるようになり、インバウンド需要も伸びていて活況になって居るのです。
その様な中で、さらに外国人観光客が喜ぶようなオプショナルツアーを企画する旅行会社もふえています。
例えば日本に来て結婚式をしたいと考えている人も少なく有りません。
そこで日本の伝統的な神社婚を誰もが体験できるような企画を行っているのです。
神社婚では神秘的な舎利殿や鳥居の前で婚礼写真を撮影出来たり、新党の宗教儀式を体感できます。
何よりも日本の伝統美である十二単や白無垢に袖を通すことが良い思い出に成ります。

知っておきたい!神社婚をするデメリットとは

一生に一度の大切な結婚式を一般的なホテル会場や教会ではなく、神社で行おうと考えているカップルも多いのではないでしょうか。
日本特有の伝統的な挙式スタイルの一つであり、雰囲気漂う神聖な場所で和のテイストを取り入れた挙式をすることができるため注目が集まっています。
神社婚は会場の雰囲気や衣装も一般的な結婚式とは異なりますが、どのようなデメリットがあるのか気になるという方も珍しくありません。
神社婚を行うデメリットとして、まず「天候の影響を受けやすい」ことが挙げられます。
神社は一般の方も気軽に訪れて参拝することができるため、外廊下になっていたり屋根が設けられていない場所も多いため、神殿まで屋外の参道を歩かなければならず、屋内で冷暖房が整ったチャペルなどに比べると気温や天候の影響を受けやすい特徴があります。
次に「バリアフリーになっていない」場合が多く、神様を祀る神社の土地は人の手があまり加えられていないことも珍しくないため、バリアフリー設備が充分に整っていないため、車椅子や砂利道、階段など足元が不安な高齢ゲストにとって負担になるケースもあります。

神社婚を希望する際はトラブル内容も事前にチェックする

結婚式には様々なスタイルがあり、それぞれの良さや魅力があります。
キリスト式や人前式の他に神社婚は、伝統的な日本ならではの結婚式を行う事ができるので人気です。
和装だけでなく伝統的な神社での式はメリットも多くありますが、トラブルとなる内容もあるので事前に把握しておく事もポイントとなります。
神社婚のトラブルの1つして挙式の当日の天候があり、天候の変化により内容が大きく変わる可能性があるという点です。
神社自体は多人数が本殿に入れるわけではないので、場合によっては新郎新婦の他に親類だけになるケースもあります。
もちろん神殿内はバリアフリーではないので、その点もゲストへの配慮として考えるべきポイントの1つです。
演出自体も少ない事も多く、神社によっては結婚式自体を行っていないというケースもあります。
神社での結婚式に憧れを持っている場合でも、トラブル内容を事前に把握しておくことで事前に準備が出来たり対応する事に繋がるポイントといえます。

神社婚が外国人にも人気が高くなっている理由は?

日本を訪れる外国人観光客は、年々増加しています。
日本への旅行が一般的になったことで、日本の文化や伝統にも興味を持つ人も増えてきました。
特に観光地となっている神社や仏閣は、外国人にも人気が高いです。
また、日本ならではの伝統文化を感じることができる、神社婚にも外国人の注目が集まっているのです。
日本で和を体感しながら挙式を挙げることが可能な神社婚は、日本の文化についてもっと知りたいと感じている外国人にも受け入れられていると言えるでしょう。
神社婚を体験した後、そのままハネムーンを楽しむという新しい訪日旅行のスタイルが注目を浴びています。
神社婚は、特に欧米出身のカップルに人気が高いようです。
中には、母国で一度式を挙げているにもかかわらず、再度来日して神社婚をするというカップルもいます。
外国人の間で和婚の人気が高まるにつれて、外国人カップル向けのプランも発売されるようになりました。
式場の予約手続きなどを、旅行会社に任せることができるので初めてでも安心です。

神社婚は世代を超えて憧れている人が増えています

神社婚は神社や神殿などで行う挙式のことですが、チャペル挙式に比べると厳かで重厚な雰囲気が魅力です。
女性の場合は白無垢や色打掛、男性は紋付羽織袴などの和装を着用します。
チャペル挙式は友人、知人、職場関係など多くの人が招待されますが神社婚は家族や親族、親戚など血縁の濃い人だけで行うためアットホームな雰囲気で家と家の絆を深めるのが目的です。
神社婚は芸能関係やスポーツ選手など著名人にも人気があり、中高年以降の年代だけでなく、10代20代の若い人も憧れている人が多いのではないでしょうか。
世代を問わず人気があり、神社に初穂料を納める必要があるので覚えておきましょう。
新郎新婦と親族、親戚、家族などが三々九度の盃をかわします。
巫女や神職が誘導してくれるため、基本的な作法を学ぶことができます。
チャペル挙式と同様に指輪交換を行うため、結婚指輪を用意しておくと良いでしょう。
神社婚が終わった後は披露宴を行います。

神社婚ってどんな歴史がある挙式スタイル?

神前式は、神にふたりの結婚を報告するという日本古来の挙式スタイルです。
神社によっては、雅楽や巫女の舞を施すこともあります。
ホテルや結婚式場で神前式を行う際は、神殿を設けて神を祀り挙式を執り行います。
神社婚では、挙式会場に祀られている神の前で儀式を執り行い、夫婦となるための誓いを立てる挙式スタイルです。
神社婚の歴史は、室町時代に行われていた武家の結婚式まで遡ると言われています。
武家の式は陰の式と言われるシンプルな儀式と、その3日後に行われ陽の式と呼ばれている華やな儀式の2部構成でした。
そして時を経て、1900年に行われた皇太子のご成婚が現在のような神社の神前で行う挙式スタイルの始まりとなったと考えられています。
神社婚を選択する際は、会場選びも慎重に行う必要があります。
会場によっては収容スペースがなく、参列者の人数を限定していることも多いので注意しましょう。
実際に自分たちで足を運んで、会場を確認してから選ぶのがおすすめです。

神社結婚式の最新情報をもっと

倉敷の神社結婚式情報

男「闖入不呼結婚式可?」 女「不可!座席有限!料金嵩増!」 男「情動的経験!情動的経験!」 女「微温湯也保険診療!」 男「言及!脂肪吸引合併症説明済!」 女「本当?同意書記載?」 男「言及!其他望美容整形?」 女「指先限定了承...。」 男「嗚呼...指毛一部撮像完了...」

来週ドラが結婚式の経費見積りがまとまったから報告に来るそうなのだがすでに相当額のご祝儀は渡しているので、式終了後に貰ったお祝いも含めての会計報告で十分なんだけど。職業柄見積り説明必須とでも?

返信先:単推しよりも“結婚式”“ガチ恋”の文字に目がいきました🙃 心情としては「え、同担リアコと繋がったけ??」です。 あと、高確率で漢字なのはおもろい。 どういう説明をしたんやwってなったww

-->

Copyright 2021 神社婚に惹かれているなら All Rights Reserved.